当選証明書:宝くじQ&A

当選証明書:宝くじQ&A

 宝くじの当選金を頭金にマイホームを建てたが、税務署からそのお金の出所について問い合わせがあるというケースはありがちだそうです。

 こんな時に役立つのが、宝くじの「当選証明書」ですね。

 税務署などに対して、お金の出所を証明してくれます。
 こういうものがあると知っておくと便利ですね。

 宝くじの当選金を支払った受託銀行の本・支店では、宝くじの当選者からのお申し出があれば「当せん証明書」を発行しています。
 ぜひご活用ください。

当選金の時効と税金:宝くじのQ&A

宝くじの時効
 当せんしたが高額でなかったせいもあり、そのまま引き出しの中にしまいこんだ。いつか当せん金を受け取ろうと思いながらも、気がついた時はすでに支払期限を過ぎていたというのは、よくあるケース。

 こんなことがないように当せん金の支払期間についても気をつけましょうね。

 当せん金の時効は1年です。支払開始日から向こう1年間に受け取ればよいわけなのです。(ロト6、ミニロト、ナンバーズは抽せん日の翌日から1年間となります)


宝くじの当せん金には税金がかかる?
 高額当せんした場合、とくに気になる問題。
 簡単に答えると、個人が受け取る当せん金には所得税はかかりません。宝くじの法律「当せん金付証票法」の第13条によると、「当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない」とあり、これは免税でなく、非課税扱いです。

当たったら?:宝くじのQ&A

宝くじに当たったら?

 宝くじに当たったけれど当せん金はどこで受け取ったらいいのだろう?

 こんな心配をお持ちのあなたにお答えいたします。当せん金は全国どこの受託銀行等の窓口でも受け取ることができます(宝くじ券の裏面記載事項をご覧ください)。

 50万円以上の当せん金の請求には、本人であることが証明できるもの(健康保険証、運転免許証など)と印鑑が必要です。

 また、1万円以下の当せん金は全国どこの宝くじ売り場でも受け取れますし、5万円マークのある売り場では1当せん金当たり5万円以下の当せん金がその場で受け取ることが可能です。

 いずれの場合も購入した本人自身、もしくは購入者から贈与を受けた方が請求しなければなりません。

 なお、数字選択式宝くじ(ロト6、ミニロト、ナンバーズ)の当せん金は、専用の端末機のある数字選択式宝くじ取扱売り場でのみ受け取れます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。