宝くじ:数億円ゲット

宝くじで2.3億円、東北出身の出稼ぎ男性
2006/10/ 3

タイ字紙タイラットによると、バンコクの市場で働く地方出身の男性(37)が宝くじで7200万バーツ(約2.3億円)を獲得した。

幸運を引き当てたのは東北部マハーサラカム県出身のアムポンさん。地元から駆けつけた親族十数人が見守る中、2日、無事賞金を受け取りました。そのまま仕事を辞め、バンコクに住む同じような境遇の親族を連れ、バン3台で自宅に凱旋した。

アムポンさんは過去10年近くバンコクで出稼ぎ生活を送り、月に1万バーツをマハーサラカムの妻子に仕送りしてきました。突然手にした大金の使いみちは、「まだ何も考えられないが、一部は生活が苦しい親せきに渡し、残りは2人の子供のためにとっておくつもり」。

ただ、当選を知った親族、友人から「金をくれ」という電話が止まず、携帯電話は切ったままという話だ。
タグ:宝くじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。